節分 鬼たおし大会!


昨日の節分の日に、新聞紙を丸めていろいろな色のカラーガムテープで作ったボールを投げていただいて、鬼たおしをしました。ご覧の写真はちょうどボールが飛んでいるところです。
「日頃のご主人のストレスをぶつけてみて」の促しに思い切り!?投げる方がいらっしゃったり、1球で鬼を3つたおされたりすると、「キャー!」と黄色い声援が起こったり、通所介護事業所大空デイルームは笑い声と歓声で大盛り上がりでした。

小判が ざっくざく!? ~ぬくもりの家大空より~


招き猫がこんなに集まったら、いいコト起こりそうな気がしませんか。
今、ぬくもりの家大空小判でざっくざくになりそうな!?かべかざりが出来上がっています!
お正月だからというわけではありませんが、縁起物なのでずっと飾れるように敢えてお正月仕様にしませんでした。ここぬくもりの家大空でしばらく飾ったら、作っていただいた利用者さんにそれぞれ持って帰っていただこうと考えています。そう…小判でざっくざく大作戦は利用者さんのお宅でも続く予定です。(^o^)v
よくご覧になっていただくと『十万両』『百万両』と書いてあったりするのですが、ひとつひとつ『両』ではなく、『円』と書いてないかなとワクワクしながら、見てみましたが、ありませんでした・・・(*^_^*)

お正月のかべかざり


出来立てほやほやのお正月のかべかざりを通所介護事業所大空よりご紹介します。
新型コロナウイルスの感染が拡大する中で治療にあたる医師や看護師の方々が現場で感染リスクと向き合いながら最前線で働いていただいていることに感謝の気持ちと敬意を表現しようとウシを青色にしました。
作成するにあたって、ソーシャルディスタンスを保つため、パーツを1度バラバラにして、それぞれの利用者さんにをしてもらいました。編み物担当の利用者さんにはをしていただき、俵の茶色の部分や梅の枝にしました。お正月らしい素敵な作品ができたとみんなで大満足です。(*^_^*)

まちづくり功労表彰


当法人の理事長 平井和夫がこの度、湖南市より「地域福祉の推進に尽くし 地域社会の発展と住民福祉の向上に寄与した」ということで「まちづくり功労」の表彰状をいただきました。
表彰式は11月21日にありましたが、本日会議の前にその表彰状と一部のスタッフで記念撮影を撮りました。

グループホーム大空の11月のカレンダー


今月のグループホーム大空のカレンダーはたくさんのおいしそうながいっぱいです!
利用者さん「かごいっぱいにを入れたら食べたくなるよ」
利用者さん・スタッフ「そしたらいっぱい作ろう」
ということで、かわいくて おいしそうながたくさん出来上がりました。かごの中のも両端にある干し柿も利用者さんが丁寧に作ってくださいました。

11月のかべかざり・・・グループホーム大空


今月のグループホーム大空のかべかざりをご紹介します。
まだ木枯らしは吹いていませんが、焚火の風景を思い描きながら作りました。
いちょうの葉もみじの葉たくさん切り、たき火の周りに降らせました。たき火のそばに犬や猫が集まってきました。
利用者さん「犬も猫も温かそうや思うて集まってきたんやな・・・」
スタッフ 「寒いのは人間だけと違うね~」
利用者さん「そうや、そうや」
たき火の炎も赤々と燃え、温かさが伝わってきそうなかべかざりになりました。画像だけではわかりにくいかもしれませんが、近くで作品を見ると炎の部分はDに(!?)なっていて、奥行きが感じられるよう工夫しました。

グループホーム大空の10月のカレンダー


読書の、スポーツの、味覚のの季節が到来しました!
グループホーム大空では味覚の秋をテーマにカレンダーを作成しました。秋になればおいしくなるの木にカワイイが実っているのと、下に落ちてしまった・・・を表現しました。
利用者さん「もうの時期か・・・はおいしいなー」
利用者さん取って来てくれたら、栗ごはん炊いたげるで」
利用者さん・スタッフ「そしたらみんなで取りに行かなあかんなぁ」
と盛り上がりました。

あか、しろ、きいろ・・・♪


通所介護事業所大空
のウッドデッキ前に今を盛りとチューリップが咲き誇っています。今ではチューリップの色が増えて、花びらの形もフリルなどさまざまなものが出ていますが、“チューリップ”の歌のとおり『あか、しろ、きいろ~♪』もとてもきれいで、ご利用者様やスタッフを楽しませてくれています。手前はクリスマスローズ、そして奥の白い植木鉢はいろいろな色のが咲く予定です。