9月のカレンダーとかべかざり ~グループホーム大空~


今日から9月が始まりました!
今月のカレンダーはどういうものにしようかなと利用者様とカタログを見ながら決めました。
お月見団子は綿を団子に形に丸くし、ティッシュで包みました。カレンダーの仕上がりを見て、
立体感があって、ええなあ、9月になって貼ってくれんの楽しみにしてるわ」
とおっしゃてくださいました。
かべかざりの方は、少し細かい作業も多く、
「細かいなぁ」
とおっしゃりながら作ってくださっていたのですが、出来上がってみるとそれが利用者様の達成感につながったのか、かべかざりを見ながら、利用者様同士、
「ごくろうさん」
「ごくろうさん・・・」
と喜ばれていました。

稲にお花が咲きました! ~ぬくもりの家大空より~


5月下旬に田植えをしたことを以前お知らせしていたのですが、続報です!(^_^)/
周りのたくさん穂の出た田んぼを見ながら・・・水の管理も難しいし、追肥の機会を逃してしまったので、大空の稲はなかなか穂が出ないなとドキドキしたり、ガッカリしたり、ソワソワしたりと待ちに待っていたら・・・
ついに今日稲のお花が咲いているのに気付きました!ちょっと調べてみたら、開花時間は約2時間で、全部が咲き終わるまで1週間くらいかかるそうです。・・・ということは明日も咲くのかな?明日が来るのが楽しみです。

7月のかべかざり ~グループホーム大空より~


グループホーム大空ではおが好きな方が多く、6月のあじさいに続き、7月は朝顔を飾ることになりました。
つるをほそ~く巻き付けて花や葉を貼りつけて、
「そういえば、黄色の朝顔見たことないなあ」
と。。。
「まあ、きれいやからええのや」
とお話ししているうちに完成しました。
今年も暑い夏が近づいてきました。

6月のカレンダー と かべかざり ~グループホーム大空~


今月のあじさいのかべかざりをグループホーム大空よりご紹介します。
たくさんのあじさいの花びらを利用者さんが折ってくださって、こんなに素敵に仕上がりました。
昔はよく見たカタツムリ・・・でも、
「最近見てないなあ」ということで、カタツムリも加わりました。
今年は長い梅雨だそうですが、こちらグループホーム大空では明るく笑顔で過ごされています。(*^^*)
今月のカレンダーもご紹介します。先程話題のカタツムリ・・・
みんなそれぞれ違う色で個性的でかわいいカタツムリになりました♬

 

ペットボトルに田植えをしました! ~ぬくもりの家大空~


先日お知らせしましたが、一昨日ペットボトルにも田植えをしました。
「昔、女の人が並んで田植えするときにみんなでうとてたんよー」
「〽ひとつ ひのもと みずほの国は ほにほ さかえて ちよやちよ チョン チョン チョン ♬」
と利用者さんが田植え唄を歌ってくださいました。
おひさまを燦々と浴びて苗たちは温かそうでした。

ガーデニング♫ ~通所介護事業所大空~

 
先日、今シーズン初めてテラスでガーデニングをしました。黒のポットごと植えてしまいそうなエピソードもあったりで、皆さんなごやかにお天気のいい午後をお過ごしでした。
そして、1番下の写真は今朝のウッドデッキです。マリーゴールドペチュニアは元気に朝日を浴びていました。しっかり根付いていっぱいお花が咲くのが楽しみです。利用者さんと見守りながら、水やりなどお世話をしたいと思います。

節分 鬼たおし大会!


昨日の節分の日に、新聞紙を丸めていろいろな色のカラーガムテープで作ったボールを投げていただいて、鬼たおしをしました。ご覧の写真はちょうどボールが飛んでいるところです。
「日頃のご主人のストレスをぶつけてみて」の促しに思い切り!?投げる方がいらっしゃったり、1球で鬼を3つたおされたりすると、「キャー!」と黄色い声援が起こったり、通所介護事業所大空デイルームは笑い声と歓声で大盛り上がりでした。

小判が ざっくざく!? ~ぬくもりの家大空より~


招き猫がこんなに集まったら、いいコト起こりそうな気がしませんか。
今、ぬくもりの家大空小判でざっくざくになりそうな!?かべかざりが出来上がっています!
お正月だからというわけではありませんが、縁起物なのでずっと飾れるように敢えてお正月仕様にしませんでした。ここぬくもりの家大空でしばらく飾ったら、作っていただいた利用者さんにそれぞれ持って帰っていただこうと考えています。そう…小判でざっくざく大作戦は利用者さんのお宅でも続く予定です。(^o^)v
よくご覧になっていただくと『十万両』『百万両』と書いてあったりするのですが、ひとつひとつ『両』ではなく、『円』と書いてないかなとワクワクしながら、見てみましたが、ありませんでした・・・(*^_^*)

お正月のかべかざり


出来立てほやほやのお正月のかべかざりを通所介護事業所大空よりご紹介します。
新型コロナウイルスの感染が拡大する中で治療にあたる医師や看護師の方々が現場で感染リスクと向き合いながら最前線で働いていただいていることに感謝の気持ちと敬意を表現しようとウシを青色にしました。
作成するにあたって、ソーシャルディスタンスを保つため、パーツを1度バラバラにして、それぞれの利用者さんにをしてもらいました。編み物担当の利用者さんにはをしていただき、俵の茶色の部分や梅の枝にしました。お正月らしい素敵な作品ができたとみんなで大満足です。(*^_^*)