秋の風景・・・いも🍠 ~グループホーム大空~


秋の風景を皆さんとさつまいもから作り始めました。さつまいもが3つとてもおいしそうです。それから、焼きいもの様子を思い出しながら作りました。
さつまいもの上にはワラやもみ殻を作り、焼いている煙は綿で表現し、かすかに赤い火も見えるようにしました。おいもの上にはカーテンのようにワラなどを作っているので、手でかき分けると焼き芋がよく見える仕掛けになっています。
まるで間違いさがしのように、柿の木にはなぜか水色のコアラが!
これもご愛嬌ということで、お楽しみくださいませ・・・

ハロウィーン🎃 ~グループホーム大空~


これは何や
かぼちゃの顔をみなさんで描かれたときの質問です。かぼちゃであることを説明させていただくと、
「そういえば、かぼちゃに見えるな」
と納得されました。
は男性のご利用者さんが初めてハサミで切ってくださいました。
その後、この男性のご利用者の趣味が能面作りということが判明!上手に切ってくださったはずです。😀
も新聞紙を丸めて、ラッピング紙で包みました。ここでもまた、
「何でキャンディや?」
との質問に・・・
外国で秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りで、その悪霊を追い出すために、魔女やモンスターなどに仮装して子どもたちが街を練り歩きます。そして、
「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!)」
と近所の玄関先でお菓子をねだる風習があって、そのお菓子としてキャンディを貼り付けましょうと説明しました。

昨日は近くの仮装した小さい子供たちが近所を回っていたと聞きました。
近年、バレンタインデーよりハロウィーンのマーケット規模が大きくなっていると聞きます。随分、日本で浸透してきていることを感じます。

そして、そして・・・このハロウィーンの作品は、グループホーム大空の居間を楽しい気分にさせてくれました。

グループホーム大空は秋に・・・


グループホーム大空になりました。
利用者の皆さんと紙粘土で月見だんごを10個作りました。作っている途中、隣りの利用者さんが1つつまもうとされ、
「あかん、あかん、これは食べられへんのや」
との一幕もありました。
若いスタッフが、
「このだんごがのっているのは何?」
と聞くと、
「それは三宝や」
と答えてくださいました。さすが人生長い経験者。またひとつ勉強になりました。
コスモス畑と金魚鉢の壁面もご紹介します。
グループホーム大空はすでに芸術の秋が始まっているかもしれません。
ヽ(^o^)丿

グループホーム大空で花火大会!?🎆


夏の風物詩であるびわ湖大会が今年も中止だとか・・・💦
「では、みんなで花火を作ろう」
ということになりました。みんなで誕生日用のモールや紙皿を使うなどアイデア満載でご覧のような花火の壁面ができました。
「ハートの花火もある💛」
「キラキラしてきれい✨」
などと満足げに話されていました。

よろしければ、今月のカレンダーもご覧ください。皆さんのお顔がひまわり畑の間から出ていて、楽しそうな様子がうかがえます。

ぬくもりの家大空 華道部(!?) 活動報告🌹


炭酸水に生けた花達は発色が良い』を実証実験しました。

水の替わりに三ツ矢サイダーを使う発想に半信半疑のまま、アレンジメントフラワーを楽しんだ2時間後・・・

炭酸水を吸い上げて、鮮やかな色になったかなぁと思った瞬間、
il||li (OдO`) il||li ヒィィィ!

甘い香りに誘われた蟻達の大行列が凄まじいっ💦
蟻の匂いを消すため、いつにない床拭きを迫られるという顛末記でした。

おひなさま ~グループホーム大空~


湖南市東海道ひな人形展に出展するためにおひとりおひとり利用者さんにおひな様を作っていただきました。どのお顔も違ってかわいらしい仕上がりになりました。
「早よ片付けな嫁入りが遅なる言うたなあ」
と話が盛り上がり、
「もう嫁に行かへんで、あわてて片付けんとこ」
と利用者さんのお部屋や居間でひな飾りを眺めて楽しんでくださっています。

お雛様になりきれま~す!(^^)!


三雲まちづくりセンターでは3月3日に向けて、ひな人形展が催されます。そこで法人内の各事業所でもお雛様工作に取り掛かりました。
ぬくもりの家大空では、ご利用者様と大型の顔抜きパネルを作成。等身大のちぎり絵はまるで内職の苦行でしたが、根気強い皆さんに助けられ無事に出品出来ました。
みなさん是非、顔をはめて📷1枚どうぞ~